見たぜ!SWEP7

2016.01.23
, , , ,

こんちは。宝田スタジオ、イイヅカです。
スターウォーズ「フォースの覚醒」ようやく…ようやく見れました…。
今回はその感想とネタバレしない程度に内容を。

image

産みの親ジョージ・ルーカスのもとを離れてディズニーから新しく産まれたスターウォーズ、、
12/18公開が発表された瞬間に手帳に書き込んだのに、ライブがあって断念…そんなんだったらもう見ねーよと謎過ぎる意地を張って年を跨ぎ…しかし世界規模の話題作。嫌でも評判が耳に入ってくる事に耐えきれず、休みをもらって映画館に駆け込んだ!

待ちに待った瞬間だ。
“A long time ago in a galaxy far, far away….”のオープニングクレジットの後にSTAR WARSタイトルと共に打ち鳴らされるファンファーレを聞くや、待ちに待った瞬間に鳥肌総立ち。ヒーハー!…もう泣きそうだった。

軽くあらすじを紹介しておこう。

image

出典: amass.jp

ストーリーの舞台は前作のラストにあたるエピソード6の30年後。前作で壊滅的なダメージを受けたと思われた帝国軍は、その残党がファースト・オーダー(The First Order)として銀河の支配を企んでいます。一方銀河には新共和国が復活。しかしかつての規模ではなく、ファースト・オーダーに抗うためレイアの私設軍隊レジスタンス(Resistance)が存在、新共和国が手を貸しています。

銀河を救った英雄ルークは、ある出来事がきっかけで行方不明に。最高指導者スノーク、そして直属の部下であるカイロ・レン、ハックス将軍らファースト・オーダーは彼の行方を追っています。一方レジスタンスもルークを必死に捜索しており、その居所の鍵を見つけ、エースパイロットのポー・ダメロンを派遣しますが..?

砂漠の惑星で廃品回収をして暮らしてるヒロイン、レイ。彼女は「家族」の帰りを待ち続けています。そんな彼女は、ある重要な秘密を託されたBB-8やファースト・オーダーの脱走兵フィンに出会いファースト・オーダーとの争いに巻き込まれることによって思いがけぬ旅が始まります。


…正直、あっという間にエンディングをむかえてしまいました。

涙目の向こうを流れていくスタッフロールに向かってひとり、こっそりと拍手を送る。

では気になるその内容とは!巷では賛否両論、実際どうなの?!

…本作の感想をざっくりと言うならば
“ファン馬鹿ウケ!お約束満載のオマージュ作品”
といった感じ。
今回ルーカスに代わり監督を務めたJ.J.エイブラムスも元々スターウォーズの大ファンだったとか。だから作中の”お約束”は勿論、ファンが喜ぶオマージュや小ネタをふんだんに盛り込んでいるのである。

ストーリー的にはエピソード4をなぞったようなものだったし、何か革新的に新しい展開を盛り込む事よりも、今回はファンサービス的要素を多くして「帰ってきたぜ!」と言いたかったのかも。
しかし、もりもり伏線をはりめぐらせてエピソード8、9での展開を期待させる。
まあ、つづき見てくださいよ、と。ついでに旧作も見てよと。

それからやっぱり安定の音楽はジョン・ウィリアムズ節が炸裂しております。オケの編成は基本的に変えてないし、その上で旧作を彷彿とさせるフレーズなんかも織り込んできてたまらんねー!もちろん懐古的なシーンでは前作のテーマを挟んだりして。作中一度だけ流れるダース・ベイダーのテーマには鳥肌がたった。

デザインに関しても、特にロボットとか機械系のデザインが非常に面白い。
時代設定がep6から30年後ってことで、スターシップやドロイドたちには目覚ましい変化をする程の年数でもないから、基本はep4~6のデザインを彷彿とさせる形になってると思うんだけれども、2015年にその時代の形を持ってこようっていうんだから、そのぎこちなさは半端じゃない。
たぶん今回初めてスターウォーズを見たって人からしたら、「なんじゃこのガラクタロボット?」ぐらいに思うかも。ファンからしてみたら、可愛らしく映るし、非常に嬉しい要素だけどね。

ストーリー的にも非常に続きが気になる展開の今作品。
エピソード8、9ではハッとするような予想できない展開が起きることを期待しております。
次回作、エピソード8の公開日はすでに発表になっておりアメリカでは2017年12月15日に公開予定。日本では少しあとに公開だとか。気長に待ちましょう。
待てないなーって人たちにはスピンオフ作品もございます。
「スターウォーズ アンソロジー ローグ・ワン」
こちらは2016年12月16にアメリカで公開。ちょうどエピソード8の公開1年前ということになりますね。こちらも日本公開日は少しあと?だと思われます。
それから、2008年に公開された、アニメ版で描くスターウォーズ「クローンウォーズ」もございますのでそちらもオススメです。映画版、TVシリーズ版とありますので世界観に浸るにはたっぷりの内容ですぞ。

image

最後に、わたくしは映画を3Dで一度見たあとに、MX4Dでも”体感”したのですが…「いらんなぁ…。」という感想になってしまいました(苦笑)
銃撃戦や宇宙での船の駆動に合わせて駆動、振動、風が吹きかかったりする演出は凄く良いと思うのですが、それがあまりにも全編に渡って繰り広げられると…さすがに疲れてしまって。これはもう個人の好みでしかないと思いますので、興味があるってひとは絶対に一度は体験して欲しいですね。自分は固定の椅子で落ちついて見ますけど。

image

飯塚拓野(イイヅカタクヤ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
BOMBORI “PRAYGROUND” Release Party

2/20 (土) 渋谷 O-Nest
Open 18:30 / Start 19:00
前売 ¥2,500 (+1D) / 当日 ¥3,000 (+1D)

出演 :
BOMBORI (Performing : “PRAYGROUND”) [PA] 君島結 (ツバメスタジオ)
テニスコーツ
DMBQ
空間現代
DJ Ultrafog (IN HA)

※タワーレコード新宿店、渋谷店、池袋店限定”PRAYGROUND”購入特典であるBOMBORI ZINE NO.2をご持参の方は¥1,500 (+1D)
予約は bombori.001@gmail.com まで


飯塚 拓野

飯塚 拓野

hagyreyagi, Bass
@haguretaku
Facebook

大井町線路沿い、雨漏りシェアスペースのはじまり
2015.09.01
朽ち果てた一軒家をリノベーションするのにいくらかかったのかまとめ
2015.09.01
村上、セレクトショップ始めるみたいよ。
2015.09.27
宝田スタジオ × BRUTUS
2015.09.01
iPadproとapple pencilで4コマを描いてみた
2016.11.20